USAではインターンシップを利用しての採用を

登用を新卒がUSAでするときに、ずいぶん重要なポジショニングを占めるのがインターシッププロセスだ。こういうインターシップでは、職場などで教え子が研修生となって働きます。自分の適切を見極めたり、団体にアピールして登用につなげることです。USAでは、教え子インターンの多くは無給で、ユニバーシティ入学時から会社想い出のために入ります。習得までインターンを継続するため、正社員として所要レベルまで器量を向上することができるのが、アメリカのインターンだ。夏休みを使ってハイスクールのときから自分でインターンに参加する学徒も大勢いるのがアメリカの特徴です。能力があるとインターンした会社で判断されて、専ら内定をもらう人もたくさんいるといいます。登用を有利にするためにインターンをやる教え子が、USAではほとんどだといわれています。USAでは新卒といっても即戦力に生まれ変われるスタッフを求めています。教え子のうちからインターンとして来てもらい、習得までに即戦力として稽古し、習得と共々採用するという方策がUSAでは一般的です。インターンのプロセスは日本にもありますが未だに知られていないことが多く、ほとんど登用に変わることはないといいます。登用をUSAでする場合には、本当に新卒配置とインターンは直結したものだといえるでしょう。