肥満予防効果があると思っている人は多いようです

食事制限や、毎日の有酸素運動が、肥満予防効果があると思っている人は多いようです。肥満にならないためには、どんなことが有効でしょうか。1日で摂取するカロリーが、消費するカロリーより多くならないことが大事であるということは、間違いのないことです。1日に使いきれない量のカロリーを摂取すると、使いきれない分は体脂肪として蓄えられますので、肥満になりやすくなります。食事等で補給するカロリーを減らすこと、肥満を予防するために欠かせません。とはいえ、体重を減らすためにと食事の量をぎりぎりまで少なくしてしまうと、人の体はエネルギーを使わないようにしてしまいます。消費するエネルギーを節約することで、体を維持しようとするのです。人間の体には、ホメオスタシスと呼ばれる作用があり、カロリー摂取が少なくとも身体機能や体重が低下しないようにします。食事の量が急に少なくなると、体は問題が発生したと認識してしまいます。補給できたカロリーはできるだけ貯め込もうとするので、体はカロリー消費を控えようとするのです。リバウンドが発生するのは、体がこういった状態の時に普段の食事をした場合です。ただ食事の量を少なくすれば、肥満が予防できるかといえば、そういうわけにもいきません。食事を減らすだけでなく、効率的な運動も含めることで、ホメオスタシスが働きにくい状況を作りましょう。それが肥満の予防に効果的だと言われています。