サプリメントを摂取する時

サプリメントを摂取する時に、成分の良さを生かせない飲み方がありますので要注意です。サプリメントの飲み方として、一番悪いのはジュースやお茶、コーヒーなどで飲む事です。サプリメントを飲む時にジュースを使うという飲み方でも支障はないということもあります。ジュースの種類によっては副作用などの悪い影響がある場合もあります。ビタミンのサプリメントをオレンジジュースで飲んだら効果がよかったということもありますが、飲み合わせ次第ではよくない結果を引き起こすことがあります。グレープフルーツジュースは、高い血圧を低くする作用があるといいます。しかしグレープフルーツは腸内の薬物代謝酵素の働きを低下させることがあるため、思わぬ副作用が出ることもあります。基本的にサプリメントはジュースなどでは無く、水で飲むようにしましょう。お茶やコーヒーでサプリメントを飲む場合も悪い飲み方のひとつです。タンニンやカフェインは栄養素の吸収を阻害するため、お茶やコーヒーはサプリメントを飲む時には不向きです。せっかくサプリメントを飲むわけですから、その吸収が抑制されてしまうような飲み方はよくありません。お茶で鉄のサプリメントを飲むと、タンニンとお茶が結びついてしまって吸収がしにくくなります。お酒、牛乳、コーラでサプリメントを飲むという人もいるようですが、サプリメントの効果が十分に出ないことがありますので、よくない飲み方といえます。